たてわり活動

兄弟の数が少なくなってきた現代、学校での異学年との交流は重要です。
異年齢の友だちを通して社会性が育つからです。清明学園では、大きく3つのたてわり活動をしています。

1年生と2年生のペアの活動

1年生と2年生のペアの活動

入学してすぐに1年生は2年生とペアを作ります。2年生がお兄さん、お姉さんになって「がっこうたんけん」を通して、学校の施設や決まりを教えます。朝顔の栽培も、代々受け継がれて2年生からもらった朝顔の種を一緒にまいて観察をします。夏まつりでは、2年生に踊りを教わったり、一緒に子どもみこしを作ったりします。

1年生と5年生とのかかわり

1年生と5年生とのかかわり

毎朝5年生が、1年生のお世話をするため教室に来ています。朝の読書の時間には読み聞かせもします。そうした年間を通した活動の中で、5年生は4つ年の離れた1年生を本当の兄弟のようにかわいがり、一緒に遊んだり相談にのってあげたりするようになります。

たてわりグループによる活動

たてわりグループによる活動

1年生から5年生までが1つのグループになって、毎週木曜日の昼に「たてわり掃除」をしています。この時間には、それぞれの教室に集まってたてわりグループでお弁当を食べ、掃除を行います。
低学年の子は、高学年の子に掃除の仕方を教わりながら交流を深めます。1年間の終わりには、そのグループでこどもの国へ遠足にも出かけます。5年生はグループの一番上のお兄さん、お姉さんとしてまとめ役になり、他学年も異学年との交流で優しさと思いやりの心を養っています。

1年生と清明幼稚園年長組とのかかわり

1年生と清明幼稚園年長組とのかかわり

秋の大運動会をきっかけにして、1年生と清明幼稚園年長組との交流活動が行われています。いつも面倒を見てもらっている1年生は、年長児と一緒に活動することで、年少者への思いやりや年長者としての自覚が育ちます。
ゲームをしてともに遊んだり、大運動会では一緒に綱引きをしたりします。3学期には幼稚園修了のお祝いのプレゼントをあげています。

初等部の主な活動

たてわり活動

たてわり活動

子どもの社会性を育むため、他学年との交流を大切にしています。

児童会活動・クラブ活動

児童会活動・クラブ活動

学校生活をより楽しく充実したものにする児童会活動とクラブ活動を紹介します。

とんぼっこ合唱団

とんぼっこ合唱団

音楽を通して子どもたちが自分を表現できるようになることを願ったグループです。

1年生の一日

1年生の一日

初等部1年生の楽しい生活のようすをご案内します。